バックリンクブログについてチェックしておきたい10ヶのTips


バックリンクブログを運営する目的は2つ在ります。

1つ目、被リンクを供給する
2つ目、アクセスを流す


この事から、留意する事項が明確になります。



Tips 1 はじめに


まず、目的が「被リンク」に置くのか、「アクセス」に置くのかで注意したい点が異なってくる。

同一のブログで、2つの目的を達成しようとすると 運営がかなり困難になってくるので、目的ごとにブログを運営する。



Tips 2 ブログのメインキーワード


メインとなるキーワードを考える時、

リンクの送り先に、

・どんなキーワードで、検索した人を誘導したいのか
・どんなキーワードで、検索エンジンにインデックスさせたいか

が、重要になります。


そして、その中のキーワード一つ一つで、バックリンクブログを作っていきます。

大まかなキーワードから、ドンドン 専門的なキーワードへと絞っていきます。


突き詰めると、商品名でブログを作っても良いんです。


その場合であれば、
その商品の使い方や生かし方、Q&A、お客様の声等々をピックアップして記事にします。

このブログは、他のバックリンクブログの中でも 
群を抜いてSEOの評価が高いブログになります。
そして、
訪問者を「信用」させて、「誘導」するという大切な役割も持ちます


記事数が100記事を超えたあたりからは、月に1度の更新でも、評価が下がることはありません。



「被リンク・SEO」 : 属性にマッチしたキーワード
「アクセス誘導」 : 旬なキーワード、人気のキーワード





Tips 3 ブログのタイトル


前項の選出した「キーワード」を、タイトル文の左側 つまり、タイトル文の先頭に配置して タイトル名を組み立てます。
ただ、あまりに長いタイトル名は避けるようにしましょう。
出来るだけ、短く、検索されやすいキーワードで。


また、検索されるキーワードの中には 
「単語 単語」というような複合語の他に、

「単語+動詞」⇒例:「○○を●●したい」
と言うような文章で 検索する場合もあります。


これらのキーワードを探すのに、
ホームページのアクセス解析のデータも有効に利用しましょう。




「被リンク・SEO」 : 属性にマッチしたキーワードを含んでいること
「アクセス誘導」 : 人の注意を引く、興味を引くタイトル文





Tips 4 ブログのデザイン


基本的に、シンプルなデザインが良い。

推奨は、2カラムで メニューが右にくるもの。

サイドバーから、カレンダー等のブログパーツを外す。

逆に追加したいのは、
「最新記事」「ブックマーク・RSS」「カテゴリ」
「タグクラウド」「お気に入り」「アーカイブ」




「被リンク・SEO」 : 珍しいデザインを利用する
「アクセス誘導」 : シンプルで読みやすいデザインにする





Tips 5 記事・コンテンツ


「被リンク・SEO」 : 
この場合は、キーワードが含まれた記事であれば、問題とはならない。

ツールによる、記事取得でもOK


「アクセス誘導」 : 
人に読んで貰うのが基本となる為、コンテンツには気を遣うが

Youtube等の動画紹介が、ツールで自動化しやすい。
また、オリジナル記事作成ツールも 利用出来る。



バックリンクブログは、2階層構造を取るようにします。

 ホームページ ⇒ バックリンク1階層 ⇒ バックリンク2階層


被リンクや誘導は、逆の流れになる。


バックリンク1階層目に来るのが、人に読んで貰うブログになります。

2階層目は、「被リンク」「アクセス」の両方のサイトが、混在します。


「キーワード」の項でも述べたが、
1階層目に来るブログが、「信用」を築いて「誘導」するブログであることが望ましい。

この様な優良なブログに バックリンクを付ける事と同じイメージとなる。


言葉を換えると、

1階層目のバックリンクブログを、サテライトサイトと呼び、
2階層目は、そのまま、バックリンクブログとなる。




Tips 6 ブログ運営の目安


1階層目は、ホームページに誘導したいキーワードの数だけ必要です。
 そして、記事数100ヶまでは、毎日更新。
 それ以降は、月に1回程度で十分な効果を発揮します。


2階層目は、100ブログが一つの目安になります。
 記事数に関わらず、日々更新。



Tips 7 PING送信


PING送信は、必ず行うようにして下さい。

このPING送信によって、ブログが検索エンジンにインデックスされます。
そして、送信先のブログ一覧から 少ないながらアクセスを呼ぶことが出来ます。


有効なPING送信先は、こちらを参照して下さい。

「最新PING送信先一覧」



Tips 8 ソーシャルブックマーク


以前は ソーシャルブックマーク登録は、SEOの効果が高かったのですが、今では、SEOの効果自体は あまり期待出来ません。

しかし、多くのソーシャルブックマークに登録することで、アクセスを集めることが出来ます。


例)はてなブックマーク、Yahoo!ブックマーク等



Tips 9 中小検索エンジン登録


中小検索エンジンへの登録は、SEOに有効です。

決して効果が高いわけではありませんが、インデックスを促進させる為にも、必要です。

1日の登録数は、10~30件。
これを、ほぼ毎日行います。



Tips 10 便利ツール


■PING送信ツール
 複数のブログのPING送信を、決められた間隔で送信するツールです。

 ⇒「PINGOOL」


■ソーシャルブックマーク登録ツール
 複数のブログの記事を、自動でソーシャルブックマークに登録してくれます。

 ⇒「SBMARKER(ソーシャルブックマーカー)」


■中小検索エンジン登録ツール
 複数のブログを、複数の中小検索エンジンに自動登録してくれます。
 また、中小検索エンジンを検索・収集する機能が付いています。


 ⇒「セレブロ」


■総合SEOツール
 ソーシャルブックマーク登録、PING送信、インデックスチェック、コメント投稿などの機能が付いたツール
 それぞれの機能は、上記の単機能ツールと比べて弱いが、必要十分でしょう。

 ⇒「AIロボット」


■オリジナル記事作成ツール
 元記事を加工して、オリジナル記事を作成して MT形式で出力出来るツール。
 手持ちの記事を使えば、さらに、多くの記事が作成出来る。
 SEOのプロの利用が多い プロ仕様のツール。

 ⇒「シナリオメーカーPRO」


■ブログ自動投稿ツール
 キーワードの設定により、自動で記事を取得 決められた時間に自動投稿するツール。
 取得出来る記事が、ブログやYoutube、教えてgoo等々 非常に多い。

 また、SEOツールとして 多くのSEO会社から愛用されている理由の一つに、海外ブログへの投稿が可能なこと。
 英語ニュースなどの記事取得が可能であることが大きい。

 同様に、上記の「シナリオメーカー」と組み合わせることで、シナリオ投稿も可能。
 ツイッターへのツイート機能も付いている。

 SEOを考えた時、このツールだけは押さえておきたい。

 ⇒「イザベラ」



編集後記


一気に、バックリンクブログについて書いてしまったが理解して貰えただろうか?

一つ一つの項目について、それぞれ、いくつも記事が書けることなんだけど、もし、わからない事があれば 特別に無料でアドバイスをします。

お問い合わせフォームより連絡下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

格安フリーSIM


タブレット、ポケットWi-Fiや
スマホに私も使っています♪

オススメ 教材&ツール

その他


ページビューランキング
SEO対策相互リンク集
自動上位ツール
  • seo

このページの先頭へ