ドロップシッピングサイト作りの秘訣


ドロップシッピングのサイト作成で重要となることは?



例えば、

「ダイエットしたい」と考えている人がいたとします。

そこで、検索して調べているとします。



1.ダイエットにはどんな方法があるんだろう


2.運動は嫌い、飲むだけで痩せられるモノはないかな?


3.サプリってスゴイのね、でも、大丈夫なのかな?




ダイエットという大きなジャンルから、ダイエットサプリに関心が移っていきました。



でも、サプリメントと言っても沢山種類があって、どれがイイのか分からず、さらに検索して調べています。





そうすると、「ボディレボリューション」と言うのが 健康にも良さそうだしイイかなと・・・





ひとくちにダイエットと言っても、調べる目的がそれぞれ違ってきます。

その流れを順番に書いてみました。




下に行くに従って、購入への意欲が高くなります。





では、あなたは どの段階のお客様にアプローチしますか?




例えば、あなたのサイトは「ダイエットの専門店」だったとします。


このサイトには、それぞれのダイエットの特徴とか、タイプごとに適したダイエット方法を紹介するコンテンツがあったりすると、



お客様は、その流れに誘導されるように 目的の商品のページにたどり着ける。



この様なサイトが作れれば、一番イイですね。




自分が、商品を探す時の気持ちで サイトを作っていく。


その人の為に、その人の疑問に答えるコンテンツを用意する。


そのようなサイトは、自然と検索結果の上位に表示されます。





では、既に欲しい商品名が分かっていて、その商品名で探しているお客様ならどうなんでしょう。



せっかく用意したコンテンツは、邪魔なんですよ。

スグ、その商品ページに行って 購入したいんですよ?



あなたが先ほどの「ボディレボリューション」が欲しくて、販売サイトを探していたとします。


目的は、価格と納期、送料やその他のサービス、ショップのクチコミなどの情報を得る為じゃないですかね。



そうなってくると、専門サイトだけでは 対応しきれないことに気がつきます。




お客さも疑問に答えるコンテンツは、ブログで作ってやる。



そこから集客も出来るし、更新が楽だから ブログとツイッターを絡めて、商品情報を流してやるのもイイよね。



で、ブログでお客様を教育して、直接商品ページに誘導してあげるのもイイ。



どんな商品があるのか知りたい人には、専門店に誘導。





ブログを中心として、専門サイトや商品ページに 誘導してあげる。


ブログには、ミクシーやツイッターで ブランディングして誘導する。




ここで注意したいのは、ブログでは決して売らないこと。




このブログは、あなたを知って貰い、信用を積み重ねて信頼を得て、サイトに誘導することが目的。


信頼が生まれれば、「私が運営しているネットショップです」と紹介すれば、お気に入りに入れて貰って 何度も購入して貰えるようになります。




サイトを作るのも、ブログを作るのも、メルマガを出すのも、全て一つの戦略の為に用いること。


これを、バラバラにしていたのでは せっかくのwebの利点が全く生かされていない状態になる。



しっかりとした戦略地図が出来て、部隊配置が出来た時、キーワード広告の威力も存分に発揮されることになるんだよ!



サイトを作る目的、

購入意欲が、どの段階にあるお客様に向けてサイトを作るのか。



全ての人を対象にしたサイトを作っても、誰も見向きもしてくれませんよ。



それは、渋谷で「ちょっとそこのあなた」と 通りすがりの人に声を掛けているのと同じで、誰も振り向きもしませんよ。


けど、「黄色い服の似合うあなた」っていえば、何人かは振り向いてくれますよね?



相手を限定すること、



相手を限定することで、目的がはっきり見えてくる。

それは、お客様にとっても同じ事が言える。



「このサイトは何を目的としているの?」が、スグに分かることは基本中の基本。



サイト作りに於いて、良くある過ちです。


HP作成業者の中にも、そのようなサイトを未だに作っているところがあるようですね(^_^;





で、それらが分かっていたとしても、専門サイトを作成するのは大変です。


カテゴリごとに商品を並べるだけでも、とんでもない作業になります。



戦略だとか、疑問に答えるコンテンツだとか、そんな事考えている暇がない。



だから、効果が低くてもキーワード広告に頼らざるを得ない。



でも、戦略も出来ていないし、キーワード広告のノウハウや経験も持ち合わせていないから、収支が合わない・・・・・



端から見ているとその悪循環が良く分かるんですよね~~~



サイト作りは、ツールに任せましょう。


空いた時間で、疑問に答えるコンテンツを作ったり、ブランディングしたり、いろいろ仕掛けていきましょう。



そこで、今まで 6種類のドロップシッピングサイト作成ツールを試した中で、とても優秀だった2つのツールを紹介します。



専門店サイト作りに便利なツールが、「もし店長&番頭さん」



商品の比較サイトを作るのに便利なツールが、「ドロップくん」



この2つのツールの販売者に、今後のバージョンアップ・機能追加についても聞いています。


どちらも凄いんですよ!


どちらも、販売されてから そんなに日がたってないんですけど、

このツールを購入された方から、

「こんな機能があると もっと使えるようになる」と沢山の意見が寄せられているそうです。



実は、他の4種類は マトモに動かない、動いても こちら側でマトモに管理できない、データ更新が手作業!!って、

もはやツールでも何でもない・・・・、ほとんどゴミだったんです(・_・;



2つのツールの話を戻すと、どちらも、サイトが面白いように作れるんです。


だから、使っている内に

「あ、こんな事が出来たらいいのに」って、アイデアが出てくるんですよね。



で、もし店長&番頭さんの場合、トップページが作り込めて、最新の商品データでワンボタンで、全サイトを更新してくれる機能も付いています。


ドロップくんは、CSVデータなので 最新版でもちょっと情報が古いって事があります。

サイトの自動更新機能は、バージョンアップで対応予定とのこと。



双方のツールを上手に使い分けるのが、現状ではベストだけど、

どちらか一方だけでもあると、その後の展開が早くなります。



例えば、専門店を作るもし店長&番頭さんで、1サイト作るのに 基本的には10分程度。

トップページの作成にどのくらいチカラを入れるかで、大きく時間が違ってくるけどね。


商品比較・一覧サイトのドロップくんの場合、10サイト作るのに20~30分です。


「これがツールのチカラだ!」と言わんばかりの、爽快感あるツールです(^o^)



だから、ツールを使うのが楽しくなっちゃう。













※旬な話題やキーワードが収集できるツール「スフィンクス」を、購入者特典として用意しています。

こちらの、「購入者特典一覧」をご覧下さい。



PS:ブログやメルマガについての戦略は、また別の機会に記事にしますね♪




■編集後記

サイトは、作りっぱなしじゃダメなので 商品情報を最新に更新したり、オススメ商品情報を掲載したり・・・

それが、サクッと出来ると気持ちがスッキリするんだよね。

「あ~ぁ そろそろ更新しないとなぁ(・_・;」って、ツールを使う前はストレス感じてたもん。



商品一覧サイトだって、旬の商品をサクッと作れるのは とっても気持ちがいい♪


テレビを見ながら、サクッとドロップシッピングサイトが作っちゃうと、すっごく得した気分になれるんだよね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

格安フリーSIM


タブレット、ポケットWi-Fiや
スマホに私も使っています♪

オススメ 教材&ツール

その他


ページビューランキング
SEO対策相互リンク集
自動上位ツール
  • seo

このページの先頭へ